あなたは自由ですか?


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


今日は「自由」について考えてみましょう。


世の中、「自由になりたい」と訴える人が多いですよね。
食べたいときに食べ、寝たいときに寝る。
遊びたいときに遊び、好きなときに旅行に行く。
会社に縛られたくない、と。


でもこれって、よくよく考えてみると、「もしAならばBをする」とい
う因果律に従い、条件つきで生きている動物と何ら変わらない。とても
理性的な生き方とは言えないわけです。「仮言命令」(心の命令)に左
右されてしまっているということです。


一方、「もし**ならば――」という因果律ではなく、無条件に「**す
る」となれば原因と結果に左右されない「定言命令」(無条件の命令)
即ち下心のない「道徳的命令」で生きているということになります。


ここに自由が存在するのです。


分かりやすく言うと、「もっと遊びたいけど我慢せよ」という命令に従
うことが、自分をコントロールしているという自由なのです。


「今晩は寝る前にブログを1記事書く」と決めて実際にやれば、自分を
自由にコントロールしていることになりますが、「あ~あ、眠たいから
寝よう」と睡魔に負けてしまえば、自由がなかったことになります。


サラリーマンの場合、「仕事」vs.「自由」という構図で考えがちです
が、実際は上の例からも分かるように、ダラッとしたい気持ちをコント
ロールして仕事に打ち込むのが自由であり、逆に本能任せで遊びたいと
きに遊ぶのは「真の自由人」になっていないということです。


私は生徒さんによくこう言います。Drive your business; don’t let
your business drive you.仕事を動かすのはあなたで、仕事に動かさ
れてはいけない、と。


仕事を動かしているあなたは自由人で、仕事に動かされているあなたは
束縛人。サラリーマン=束縛人というのは間違いだということをご理解
いただけたのではないでしょうか。


1804年2月12日、末期の水がわりに砂糖水で薄めたワインを口にし、Es
ist gut.(エス・イスト・グート[それでよい])という言葉を残して
80歳の生涯を終えたドイツの哲学者、イマヌエル・カント。


彼が自らを律し、生涯規則正しい生活を送り続けたのは、「真の自由」
を手にいれるためだったのかもしれません。


只今、人気ブログランキングに参加しています。
[実践転職の達人]の今日のランキングは――


転職・キャリア ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


PS

富裕層は4つの財布を持っているそうです――

・事業収入
・不動産収入
・配当収入
・給与収入

あなたはこのうちいくつ収入がありますか?



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2340083434515067"
data-ad-slot="7233433861"
data-ad-format="auto">