入試要項(2)~センター試験に「クスッ」~

Share on LinkedIn
Pocket

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


標題を見て、「え? センター試験に笑い話が出たの?」と
思いましたか? いや、いや、そうじゃないんです。


実は、平成28年度の本試験の英語の第1問を見て、私が
「クスッ」としてしまった話なんです。


何と何十年前の、私がティーネージャーの頃の英語の問題
とまったく変わっていないという事実です。


いや、いや、私が英語に興味を持ち始めた中学2年生の頃
に、英語の先生が学校のテストで出題した“典型的な問題”
と同じ類いの問題を出題していたのです。


英単語のアクセントの位置と発音の相違を見分ける問題です。


英語力の基本になる指標と言えば指標ですが、数十年経った
今もこの種の問題がある意味“健在”なのにはがっかりしま
した。


英検やCASEC、TOEIC、TOEFLも英語力を公平に図る完璧
なテストだとは思いませんが、平成28年度のセンター試験を
見る限り、今後の大学入試の英語はとどのつまり、英検やその
他の試験に頼らざるを得ないような気がしました。


日本の東大で学ぼうと思った留学生が英語の授業の不十分さに
シンガポールや他国の最高学府に逃避してしまう現状を見れば、
頷けるような気がします。


日本で独自の、それもグローバルコンピテンシーを培えるよう
な英語力テストを構築し、それを世界標準にするぐらいの気概
を持って英語のテストを開発しない限り、英語はいつもフォロ
ーワーという呪縛から逃れられないでしょう。


入試の一次試験から英語の面接試験を導入するぐらいのドラス
ティックな変更があってもいいのではないでしょうか。


今後の動向を注視したいと思います。


 :


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践受験の達人]のランキングは――


>受験 ブログランキングへ

>1年365日毎日無料配信の英語資格五冠奪取通信!へ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の記事をどうぞお楽しみに。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


Sponsored Link


Share on LinkedIn
Pocket