大学入試数学(1)~数列の和Σ(シグマ)~

Share on LinkedIn
Pocket

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


大学入試数学の記念すべき第1回目は、「数列の和Σ(シグマ)」を
取り上げます。


「え? 最初からΣ(シグマ)?」と驚いたかもしれませんが、要
は私が最初にクリアにしておきたい項目だったからに他ありません。


マーケティング用語で出てくる顧客の生涯価値(Customer Lifetime
Value)をWikiで紐解くと下記の式が出てきたからです。





「何々、これはΣ(シグマ)ではないか」と驚きました。
そこで式の意味を確認することに。


■ 大学入試数学(1)~シグマ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


この式が意味するのは、akのkに1からnまでの数字を当てはめ、
その和を求めなさいというもの。

従ってkに1からnまでを当てはめて行くと、



となります。

参考までにシグマの展開で便利な公式があるようで、
kに数字を当てはめると「なるほど」と頷けます。




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【参考】「Frankと学ぶ大学入試数学」


いや~今から何十年前の高校時代を思い出します。
Σ(シグマ)の式、本当に懐かしいです。


大学の数学にまた興味が湧いてきました。


 :


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践受験の達人]のランキングは――


受験 ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
あなたの数学の学習に役立てれば幸いです。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


Sponsored Link


Share on LinkedIn
Pocket