【キャンペーンのご案内】Frank☆Yoshida作<ソフトカバー版>長編社会派ミステリー『謎のルージュ』と《出版登竜門|goodbook出版大賞受賞作》の短編ラブロマンス小説『離れられなくなっちゃう』を書籍代のみの送料無料で発送します♪
Update
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 このサイトでは、新刊のご案内や書籍の購入、雑誌の購読契約等、タイ ムリーにお伝えしています。 只今、Kindle版『ちょっぴりミステリアスなアンソロジー』シリーズを 連載中です。どうぞご一読
自分を責め続けた兄
Diary
こんにちは、Frankです。 12、13年前だったでしょうか、今日ふとその年の夏に掲載されたYahoo! Newsの記事を思い出しました。胸を痛めたその記事を、全文掲載させて いただきます。              ◆ 「忘れることで逃げ
『333のテッペン』(佐藤友哉著)を読んで
Review
こんにちは、Frankです。 短編集の巻末にある、薀蓄のある書評を引用しながら、感想を述べさせ ていただきます。  :  : 全長三百三十三メートルの東京タワーの塔頂部で男が死んだという一つ の事件は、またたく間にという表現が大げさであると
ゲーテの言葉に人生を味わう、涙とともに
Diary
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない」 ゲーテの言葉です。 私の拙作『離れられなくなっちゃう』にもゲーテの言葉が登場しますが、 小説家にピッタリ当て嵌まる言葉だと思っ
バックミラー
Tanka
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 学生時代、色んな女性と付き合いました。 夏の夜、海辺で星空を眺めていると、「きれいじゃね」と言ってくれた岡山出 身の彼女や、雪の降るプラットフォームで、傘もささずに見送っている私を見 て、「
Kindleさんからの嬉しいお知らせ
お知らせ
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 「Kindleさんからの嬉しいお知らせ」と言えば、大体想像がつきますよね。 そうです、あなたの頭をよぎった<印税(ロイヤルティー)>決済のお知らせ なんです。 皆さんのご想像通り、私、Fra
心の拍手
Diary
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 出勤途上の、電車の車内での出来事です。 私の向かい側に、ボロボロの作業着を着た若い男の子が座っていた。初老の女 性が乗ってくると、彼はスーッと席を立ち、彼女に「どうぞ」と声をかけた。 「兄ち
魅力的な女性とは
Diary
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 小説がおもしろいのは、嘘か本当かわからなくなるところ。 女性も同じで、私は現実的過ぎる女性や空想的過ぎる女性にも、 魅力を感じない。 理屈で武装しなくても、存在そのものにストーリー性のある女
拙作『離れられなくなっちゃう』の感想文
読者感想文
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 久しぶりに拙作の短編ラブロマンス小説『離れられなくなっちゃう』を ご購入いただいた方々の読書感想文を読みました。本を読んでいただけ るだけでも感謝ですのに、わざわざレビューまで――改めてお礼
『僕の遅道』~2~
Parody
   2  八月三日、水曜日、快晴。  その日もだらだらと仕事を切り上げた刈田は、帰宅を急ぐサラリーマンや OLに混じって、梅田から阪急電車の先頭車両に乗った。それは、刈田が降 りる清荒神駅の改札口が、最短になるからである。 「あ~」  刈
『僕の遅道』~3~
Parody
   3  ――金が無いからニューヨークに行けないって!? ワハハハ、歯が三つ、み   つわ石鹸、ハガタクリスティー・オリエント急行殺人事件だ。人生、金   ばかりじゃない。金が無ければ考えろ。そう、「入浴」に行けばいい。   別名、銭湯と