Kindle Unlimitedにて拙作の短編パロディー小説『会田刈田~英検1級合格を目指す~』をご一読いただき、ありがとうございます♪
最新情報
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 このサイトでは、新刊のご案内や書籍の購入、雑誌の購読契約等、タイ ムリーにお伝えしています。 只今、Kindle版『ちょっぴりミステリアスなアンソロジー』シリーズを 連載中です。どうぞご一読
「忖度」をアップしました
備忘録
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 書物や雑誌、新聞、オンラインニュースなどで知った素敵な言葉を掲載 しています。私の小説で使ってみたい表現も盛り込んでいます―― 【ア行】 ・「愛は真心、恋は下心」=“愛”という字は心が真ん中
バックミラー
せやっ短歌
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 学生時代、色んな女性と付き合いました。 夏の夜、海辺で星空を眺めていると、「きれいじゃね」と言ってくれた岡山出 身の彼女や、雪の降るプラットフォームで、傘もささずに見送っている私を見 て、「
Kindleさんからの嬉しいお知らせ
お知らせ
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 「Kindleさんからの嬉しいお知らせ」と言えば、大体想像がつきますよね。 そうです、あなたの頭をよぎった<印税(ロイヤルティー)>決済のお知らせ なんです。 皆さんのご想像通り、私、Fra
心の拍手
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 出勤途上の、電車の車内での出来事です。 私の向かい側に、ボロボロの作業着を着た若い男の子が座っていた。初老の女 性が乗ってくると、彼はスーッと席を立ち、彼女に「どうぞ」と声をかけた。 「兄ち
魅力的な女性とは
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 小説がおもしろいのは、嘘か本当かわからなくなるところ。 女性も同じで、私は現実的過ぎる女性や空想的過ぎる女性にも、 魅力を感じない。 理屈で武装しなくても、存在そのものにストーリー性のある女
拙作『離れられなくなっちゃう』の感想文
読者感想文
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 久しぶりに拙作の短編ラブロマンス小説『離れられなくなっちゃう』を ご購入いただいた方々の読書感想文を読みました。本を読んでいただけ るだけでも感謝ですのに、わざわざレビューまで――改めてお礼
『僕の遅道』~2~
パロディー小説
   2  八月三日、水曜日、快晴。  その日もだらだらと仕事を切り上げた刈田は、帰宅を急ぐサラリーマンや OLに混じって、梅田から阪急電車の先頭車両に乗った。それは、刈田が降 りる清荒神駅の改札口が、最短になるからである。 「あ~」  刈
『僕の遅道』~3~
パロディー小説
   3  ――金が無いからニューヨークに行けないって!? ワハハハ、歯が三つ、み   つわ石鹸、ハガタクリスティー・オリエント急行殺人事件だ。人生、金   ばかりじゃない。金が無ければ考えろ。そう、「入浴」に行けばいい。   別名、銭湯と
止める勇気
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 あれは、2010年の梅雨時だったでしょうか。 野外活動の一環として、モーターボートで曳航中の手漕ぎボートが転覆。 愛知県の中学1年生が一名、亡くなる事故がありました。 場所は浜名湖。 「船を
「しあわせ」のかたち
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 今は「幸せ」と書く人が殆どですが、昔は「仕合わせ」と書いていたそ うです。 「幸せ」は個人でつかむというイメージが強く、「仕合わせ」は誰かと 「し合わせる」ことによって、得られるものだと。
自分を責め続けた兄
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 今日ふと、6、7年前だったでしょうか、その年の夏に掲載されたYahoo! Newsの記事を思い出しました。胸を痛めたその記事を、全文掲載させてい ただきます。              ◆
ゲーテの言葉に人生を味わう、涙とともに
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない」 ゲーテの言葉です。 私の拙作『離れられなくなっちゃう』にもゲーテの言葉が登場しますが、 小説家にピッタリ当て嵌まる言葉だと思っ
幼稚な人間とは
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 「幼稚な人間とはIQが低い、あまりものを知らない、といった人間のこ とではない。何が肝腎かということがわからず、肝腎なことについて考 えようとしない人間のことだ」 どこの引用だったか忘れてし
ちょっぴりミステリアスな小説を
ミステリー小説
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 拙作『謎のルージュ』の刊行以来、温めていた掌編や短編を続々と Kindle版で出版しています。 パロディーやミステリー系が好きなのでその辺りのジャンルが中心 になると思いますが、これから幅広
『共犯者』(松本清張著)を読んで ★★★
書評
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 松本清張の短編を集めた書籍の巻末にある、薀蓄のある書評を 引用しながら、感想を述べさせていただきます。  :  : 内堀彦介は、成功した、と自分で信じている。・・・ この件(くだり)がいいで
二人の絆はそんなものだったのか
掌編
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 先日、道路脇の歩道を歩いていたときのこと。 考え事をしていた私は、前から手をつないで歩いてきたカップルのこと などまったく気に留めず、二人のど真ん中を目がけて直進していたので す。 すれ違い
スズメバチの脅威
日記
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 小学校の低学年の夏休みだったでしょうか、山のぼりの途上小さな広場 があり、そこで石蹴りをして遊んでいたところ、ふと見上げると大きな 蜂の巣があったのです。 何故か壊したくなって、私は友達と一
『僕の遅道』~1~
パロディー小説
  1  午後七時半過ぎ、玄関のブザーがとぎれとぎれに鳴った。 「ただいま」  蚊の鳴くような、か細い声。  会田刈田が定刻の七時半を十分過ぎて、帰宅した。 「あんたかいな。誰か表で屁こいてるかとおもたわ」  台所で家事をしていた妻の乃代が
『僕の遅道』~はじめに~
パロディー小説
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 お待たせしました!(←「誰も待っていない」って) 知人のIshiroがスマホにダウンロードし、「気分が落ち込んだとき読 んでいます」と言って憚(はばか)らない、Frank渾身の短編パロディ