医者に殺されない47の心得!?


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


かなり挑発的なタイトルですが、実は本のタイトルです。


私の父はすい臓がんで亡くなりました。病院に入院するまで暫く自宅療養して
いたのですが、同居していた兄も仕事しながらの看病に限界を感じ、父は入院
を余儀なくされました。


入院する数日前だったでしょうか、孫にお小遣いをやろうと、寝床を這いなが
らお財布のところまで動ける体でした。ところが検査入院したとたん体が弱く
なり、意識が朦朧としてきました。


「下の面倒は大変なことがあったかもしれないけど、オヤジ、家にいたらもっ
と長生きしていたかもしれないな」。父の亡き後、兄弟三人で交わした言葉で
す。


母のときもそうでしたが、薬漬けになっている親の姿を見ると、本当に悲しく
なりました。痛みをとるための薬、がんの進行を少しでも抑える抗がん剤と頭
ではわかっていても、とっても辛かったです。


正直、今迄、ひどい医者もたくさん見てきましたが、それと同じぐらい、いや
それ以上に素晴らしいお医者さんにもいっぱい出会いました。


私自身、殆ど医者にかかることがないので、こまかいことはわかりませんが、
「患者を救いたい」と真摯に治療に専念しているお医者さんが殆どだと信じて
います。


人間みんな生活があります。私もそう、お医者さんも同じです。でも金儲けの
ため、それも贅沢極まりない生活をしたい、それだけのために仕事をしている
としたら、なんと悲しいことでしょう。


病気がないことにこしたことはありませんが、私は国民全員が健康で病院に行
く必要がなくなったとしても、必要最低限、お医者さんにお金を払うだけの国
民健康保険税は払って当然だと思っています。


医者を遠ざけるよりも、共存できる、安心できる保険としての医者を尊重する
気持ちが大切ではないかと思っています。お互い、人間なんですから。

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法




只今、ブログランキングに参加しています。
今日の[実践医薬の達人]ブログの順位は――

くすり・薬学ランキング

皆さんの健康を心よりお祈り申し上げます。