病気になっても退職しないで済む社会


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


2016年1月26日の朝日新聞デジタル版に「がん退職しないで済む社会に」
という記事が出ていました。<医師と企業連携など対策へ>と、力強い
メッセージが続いています。


私の場合、この歳になるまで病気知らずで、こと実践ビジネス英語講座
の講師として働いてきた過去21年間は、無遅刻無欠勤を貫いてきました。


そんなわけで、自分が病気で倒れたときはそれで仕事は終わりと考えて
いましたが、例えばがんに罹っても、病院の医師と企業が連携し合って、
仕事が続けられる環境を模索し、政府が対策の指針を纏め指導していく
という考えには私も大賛成です。


人生、「生きがい」(life and passion)を失くすのが一番辛い。特
にがんに罹れば尚更です。そんなとき、職場の同僚の励ましや笑顔は、
がん治療の薬よりも何百倍、何千倍の力や癒しを与えてくれるはずです。


記事によると、国立がん研究センターのデータでは、がんにかかった人
の数が、2011年は約85万人と2001年から約5割増えたとの事。医療技術
の進歩もあってがんでも働き続けたい人は増えているようですが、企業
側に受け入れる態勢が整っていないようです。


がんに罹ったからといって社会の隅に追いやられるのではなく、時短で
も、いやほんの少しの時間でも社会と繋がっていられる、生きがいを持
ち続けられる環境作りが望まれます。





只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践医薬の達人]のランキングは――


くすり・薬学 ブログランキングへ


皆さんのご健康を心よりお祈り申し上げます。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


Sponsored Link