薬剤は結局、体に害をもたらすのでは?


こんにちは、Frankです。


一昨年だったでしょうか、顔面移植の手術を受けたフランス人の方が、
移植組織に対する拒絶反応を抑制する薬剤の副作用で体ががんに侵され
てやすくなり、2種類のがんを発症していたと、Yahoo!ニュースが伝え
ていました。


手術を受けたご本人の家族のプライバシーの関係で、暫くは亡くなられ
た事実は発表されなかったようです。


手術を受ける背景が色々とあったようですが、「薬剤の副作用でがんに
侵され」という点に注目すると、やはり人間の体には薬は使うべきでは
ない、投与すべきではないと考える私です。


さて、“画期的ながん治療薬”との謳い文句で今話題の「オプジーボ」。
創薬には通常2000億円ぐらいかかるそうで、研究費にかける金額には
驚かされます。


ライセンス料は売り上げの6%が相場との事。巨額のライセンス料が開発
者の懐に行くのでしょう。


私は癌を甘くは見ていません。ある意味、神秘的なものだと。製薬会社
の癌との戦いはこれからも永遠に続くと思います。


薬の開発より、健康でいる方法にお金をかけた方がいいと考える私。


科学は自然に存在する、ある意味既に分かっていることを研究し、哲学
は世の中の分からないことを研究する学問。


どちらにお金をかけるべきなんでしょうかね?
私は「濃い茶」で健康を維持しています。

伊藤園 おーいお茶 濃い茶 PET 2L×6本

新品価格
¥1,224から
(2018/10/15 11:00時点)




只今、ブログランキングに参加しています。
今日の[実践医薬の達人]ブログの順位は――

くすり・薬学ランキング

皆さんの健康を心よりお祈り申し上げます。