初、胃カメラ検査デビューです!b^^)


こんにちは、Frankです。


先日、初めて胃カメラの検査に行ってきました。所謂、内視鏡を使った胃の検査
(examination of the stomach using an endoscope)というやつです。


運動がてら40分ほど歩いて病院へ。前日の23:00からの絶食で、体力はなかった
のですが、秋風が涼しく、とても気持ちよかったです。


1階で受付を済ませた後、4階の消化器科の内視鏡検査窓口へ。1時間ほど前に
着いていたので、ゆっくりタブレットでYahoo! ニュースでも見て待っていよう
かと目論んでいたのですが、窓口で早速準備するように言われ、ロッカーの有る
更衣室に入って着替えました。


どうも上着だけ着替えればいいらしく、スラックスは穿いたままにしました。
正直、検査用の上着とスラックスのミスマッチングが微妙で、思わず「クスッ」
と笑ってしまいました。


名前を呼ばれて先ずは問診室へ。入るなり「胃の中の泡を消す薬です」と紙コ
ップを渡され、グッと飲みました。味は殆どなかったです。それから睡眠剤を
打つための注射針が静脈に挿入され、それから検査室へ向かいました。


ベッドで仰向けに寝かされたのち、ゼリー状の液を口に含みますが、暫く飲み
込まないように指示され我慢します。これが何とも言えない、少し苦い液体な
んです。どうも喉の中に麻酔をかける薬みたいですね。


それから担当の医師が来て、先ほどの注射針に睡眠導入剤を注入します。検査
する先生の方に向かって横向きになるのですが、5秒も経たないうちに眠り込
んでしまいました。


目が覚めた時は既に回復室に。ふらふらした状態がなくなるまで、ゆっくりと
座っていました。


なんという手際の良さ。あっと言う間に検査が終了しました。ネットで投稿さ
れていた、びびらせるような内視鏡検査とは全く違っていました。


私が行ったT病院の内視鏡検査は、天下一品でした。超オススメです。
「T病院って、どこやねん!」と突っ込まれそうですね(笑)


只今、ブログランキングに参加しています。
今日の[実践医薬の達人]ブログの順位は――

くすり・薬学ランキング

皆さんの健康を心よりお祈り申し上げます。