英検1級講座(46)~<直前対策>予想問題(4)~

こんにちは、Frankです。


<英検1級講座|50日間トレーニング>の第46日目の今回は、
[予想問題(4)]になります。本番モードで解答してください。


┏━┓
┃☆┃英検1級講座(46)~予想問題(4)~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

While Bill Gates worries about the dearth of engineering and science
graduates, the American Academy of Arts and Sciences [(A) mucks out
(B) reins in (C) simmers down (D) frets about] the fate of the humanities.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【出典】TIME (October 7, 2013) :Higher Education|Special Report


 :
 :


私のクラスでも、句動詞(phrasal verb)を苦手とする英検1級受験者
は多いようです。その主な理由はメインになる動詞の意味がわからない
からというもの。


私の場合、[自動詞+前置詞]とかあまりややこしいことは考えず、
声に出してひとまとめに憶えてしまうというパターンをとっています。


worry aboutは憶えるのにrein inはわからない――これって要は、
その句動詞に触れている時間が短いだけなんです。


簡単、難しいじゃなくて、知らなかった句動詞は何度も見て声に出して
憶えてください。その時気を付けてもらいたいのは、必ず発音しながら
イメージを浮かべること。・・・では正解と解説をチェックしましょう。


 :
 :


┏━┓
┃☆┃英検1級講座(46)~正解と解説~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

While Bill Gates worries about the dearth of engineering and science
graduates, the American Academy of Arts and Sciences [(A) mucks out
(B) reins in (C) simmers down (D) frets about] the fate of the humanities.

【正解】(D) frets about
【解説】the [a] dearth ofで「~の不足」、engineering and science
graduatesは「理工学部の卒業生[大学院生]」、American Academy of
Arts and Sciencesは「アメリカ芸術科学アカデミー」。muck outは
「《英》家畜・小屋などを掃除する」、rein inは「抑える、制限する」、
simmer downは「気持ちを静める」(= calm down)、fret aboutは
「懸念する、腐心する」。文意は、「ビル・ゲイツが理工学部の卒業生
[大学院生]の不足を懸念する一方、アメリカ芸術科学アカデミーは
文系の運命を不安視している」です。参考までに、humanities course
and the science courseで「文系と理系」。従って正解は[(D) frets about]
です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【出典】TIME (October 7, 2013) :Higher Education|Special Report


如何でしたか? 正答できましたか? 今回は簡単な問題だったので、
多くの読者さんが正解できたのではないでしょうか b^^)


 :
 :


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では次回の投稿をどうぞお楽しみに。


Frank Yoshida


PS1
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今まであまり宣伝していなかったですが、実は私のPC版ネット講座
[実践英語の達人☆英検1級奪取!]は<五つ星講座>なんです。

累計ベースで受講者数は1947名(2014年9月3日現在)、通学生や
ネット受講者の合格者数も44名に達しています。

このブログの50日間トレーニングを読了後、私の講座にご興味を
持たれましたら、是非一度、無料お試し受講をなさってください。

>英検1級奪取!

合格者輩出の、実績のある講座です。


PS2
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私の長編社会派ミステリー小説『謎のルージュ』にも出てくる
占い師の女性。実はほぼノンフィクションで、彼女には不思議な
イメージがありました。

タロットもやっていたようで、他大学の学生だったとはいえ、
関西圏の英語クラブの合宿ではいつも占いに興じ、人気者でした。

タロットて中々独学ではマスターできないですよね。
・・・でこんな占い講座を見つけました。

その名も<アルフォンス石井のタロット占い講座>。初心者向で、
DVDで習得するもの。21日間満足保障って、気になりますよね。
「やってみよう!」と思ったら、一度ご覧になってください。

▼ タロット占い講座はコチラ




因みに私の小説の立ち読みはこちらです。

>goodbook大賞受賞 By Frank Yoshida


PS3
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[TOEIC900特化プログラム]お陰様で引き続き好評です。
リーディングが苦手な方は、今の内に克服しておきましょう。

■[1年でTOEIC900! 英語真っすぐリーディング講座]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「英語は意味をつなげて読めば良い」なんて思っていませんか?

でも、複雑な文、長い文はそれじゃ読めないんです。
ネイティブのように、左から右に読む「正しい読み方」
を身につけましょう。

偏差値30、通信簿2と英語が苦手な過去がありながら、
TOEIC990(満点)、英検1級を達成した講師が丁寧に
「正しい読み方」を解説してくれます。

わからないところがあってもメールで直接ご質問いただけます。
「なんとなく」から「はっきり」わかるリーディングへ。

そして「わかる」英語から「使える」英語へ。





人気ブログランキングへ


スポンサードリンク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄