時事英語講座(14)~ジャパンタイムズオンサンデーでエッセイにチャレンジ~

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


今回はジャパンタイムズオンサンデーを使った勉強法のうち、「エッセイ作文」
についてお話します。


練習にあたってはOPINIONの部分を使用するのがいいでしょう。旧ジャパンタ
イムズウィークリーのJune 15, 2013号には、No place for hate speech
(ヘイトスピーチ抑止への法規制を)と’My Number’ is dangerous(危険な
共通番号精度)の2つの記事が掲載されていました。


最初が340 words、後が344 wordsの記事でした。


英検1級の1次試験のエッセイ対策と考えるなら200~240語の記事が理想です
が、記事の語数が多いところがポイントです。


どういうことか分かりますか? 後半の記事を作文材料として使うなら、’My
Number’ is dangerousの344 wordsの記事を、200-240 wordsに纏める練習
をするのです。


この記事を試験用の問題に変えると、「Pros and Cons of ‘My Number’ system」
と銘打って200-240語のエッセイを書きます。


注意しないといけないのは、元の記事から只単に語数を削るのではなく、英語
の連結語(コロケーション)や首尾一貫性(コンシステンシー)を考慮して記
事を簡潔にしていき、最終的にエッセイ作文として纏め上げることです。


この練習は正直大変なのですが、苦労して作った分、確実に自分の血となり肉
となります。


驚いたことに、私自身このプラクティスを繰り返したお蔭で、某最高レベルの
検定試験で、私がシミュレーションで作ったエッセイが試験でそのまま出題さ
れ、最高レベルの語彙を使用した、完璧なエッセイを作成することができまし
た。


No pains, no gains.という言葉がありますが、楽をして得た知識はすぐに
忘れ、苦労して得た知識は決して忘れることはありません。


常に挑戦的な眼で新聞を読み、記事の文章1つ1つに感情移入をし、上手い下
手は度外視して、中身を“味わって”ください。


学習の成果云々は、どれだけ問題に、文章に、感情移入できたかに依存します。
「よし、やるぞ!」と思ったら、早速、エッセイ作文の練習を始めてください。


「今日」を読む人は、「未来」を読む――。
Complete your weekend with The Japan Times Weekly


▼ ジャパンタイムズオンサンデー:>こちら


字面だけを追って理解したつもりになっていても、それは真の学習ではありま
せん。記事の「中身」や「心」を読む練習が、一番大切なのです。


サンテグ・ジュペリ『星の王子さま』から引用した英語の名言。「学習とは何
ぞや」を、もう一度考えてみては如何でしょう。


Food for thought. 間違いなく、あなたの思考の糧となるはずです。


▼ 星の王子さま―The Little Prince(講談社英語文庫)

星の王子さま – The Little Prince【講談社英語文庫】



 :


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の実践英語の達人ブログのランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取通信!無料メルマガ登録へ

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
どうぞ素敵な一日をお過ごしください。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


Sponsored Link