《全国通訳案内士》「日本史」に見る「私塾と藩校」

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


今日は少し趣向を変えて、小学校や中学校の授業でよく使う指示語を
ご紹介しましょう。役に立ちそうな表現があれば憶えてくださいね。


>[テストでの表現]
Time’s up.(時間です)
Pencils down.(鉛筆を置いて)
Please hand in the tests [exams].(テストを集めてください)
Pass the tests forward.(後ろから順に送ってください)
I’m going to be a harsh grader.(辛めに採点します)
I’m going to be [go] easy on you.(甘く採点します)

>[質問の表現]
Raise your hand if you have any questions.
(質問のある人、手を挙げて)

>[作業をさせる]
Take out your textbooks.(教科書を出してください)
Open your textbooks to page 5.(5ページを開けてください)
Put away your textbooks.(教科書をしまってください)
Work by yourself for a few minutes.(暫く自習してください)

>[発言]
Michael, you’re on.(マイケル、発表してください)
Who agrees/disagrees?(賛成/反対の人は?)

>[たしなめる]
No talking. [Zip the lips.](おしゃべりはやめて)


私の生徒さんは皆さん大人なので、このような子供向けの指示語はあまり
使わないですが、指示する時は遠まわしな表現を使わず、ストレートに言
うのが大事だということが分かりますよね。


お仕事でも同じです。信頼関係が築けた部下には命令形で言った方が親し
みを込められます。是非、命令形での指示に慣れてください。気になるよ
うだったら、文章の最後にpleaseをつけてください、丁寧になるので。


学生時代を振り返ると、私自身はいい生徒ではなかったです。先生の指示
語は殆ど記憶にありません。授業中もふざけたことばかりしていたので、
先生からよくチョークが飛んできました。


「吉田! 先生をナメてんのか!」。数学の先生には特に失礼な振る舞い
をしていました。今更謝っても遅いのですが、「先生、失礼なことをしま
した。ごめんなさい」。そんな私が今、生徒さんを前に教える立場にある
とは。


今回は、そんな学校に因んで私塾や藩校に関する日本歴史の問題にチャレ
ンジしましょう。


▶《全国通訳案内士》「日本史」に見る「私塾と藩校」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の人物と関係のある私塾・藩校を選びなさい。

1. 池田光政( )2. 緒方洪庵( )3. シーボルト( )4. 徳川斉昭( )
5. 徳川宗睦( )6. 毛利吉元( )7. 本居宣長 ( )8. 細川重賢( )

[(A) 学習館 (B) 弘道館 (C) 時習館 (D) 適塾 (E) 花畠教場 (F) 鳴滝塾
(G) 明倫館 (H) 明倫堂(名古屋)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【講座】Frankの一発逆転!崖っプチ通訳案内士講座:>こちら


「藩校」は、江戸時代に諸藩が藩士の子弟を教育するために設立した学校
で、一方「私塾」は、幕府や藩が設置した教育機関と異なり、塾生の個性
と自発性を基盤に発展した教育機関でした。特に江戸時代後期が活発でし
た。では正解と解説です。


▶《全国通訳案内士》「日本史」に見る「私塾と藩校」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次の人物と関係のある私塾・藩校を選びなさい。

1. 池田光政(E)2. 緒方洪庵(D)3. シーボルト(F)4. 徳川斉昭(B)
5. 徳川宗睦(H)6. 毛利吉元(G)7. 本居宣長 (A)8. 細川重賢(C)

[(A) 学習館 (B) 弘道館 (C) 時習館 (D) 適塾 (E) 花畠教場 (F) 鳴滝塾
(G) 明倫館 (H) 明倫堂(名古屋)]

【正解】※人物の後の括弧内を参照。
【解説】
花畠教場は岡山藩の藩校。鳴滝塾は長崎郊外の鳴滝村に開いた医学塾。
弘道館は水戸にある。明倫堂は尾張藩の藩校。明倫館は長州藩の藩校。
学習館では本居宣長は国学を教授していた。時習館は熊本藩の藩校。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【講座】Frankの一発逆転!崖っプチ通訳案内士講座:>こちら


実は商社マン時代、社員旅行で山口県の私塾の松下村塾に行ったことがあ
ります。江戸時代末期の幕末、長州藩士の吉田松陰が講義したこの松下村
塾の講義室を見た時、身が引き締まる思いがしたのを覚えています。


「学習とはこうあるべきなんだ」と。


末弟子の伊藤博文など早々たる塾生が、明治政府の最高指導者を担うこと
に。温故知新――学ぶことは、まだまだ尽きません。


山口県といえば、下関の郷土料理に瓦そばがあります。


お取り寄せグルメの「長州瓦そば」。ご自宅で旅の気分を
味わってみては如何でしょうか^^)♪


お取り寄せグルメ「長州瓦そば」10人前
下関の郷土料理瓦そばを自宅で――

お取り寄せグルメ「長州瓦そば」10人前 下関の郷土料理瓦そばをご自宅で気軽に召し上がることができます


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ