《全国通訳案内士》「鎖国」を「英語」で

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

全国通訳案内士の試験日が近づいてくると、誰しも緊張するものです。
「もう逃げ出したい」「早く終わらないかな」なんて弱気の発言が聞こ
えてきます。

試験を始め色んなことにチャレンジしていると、多くの困難にぶつかり
ます。でも思い出してください。こんな言葉がありましたよね。

Only a mediocre person is always at his best.
凡庸な人間だけが、いつも最善でいられる。

とはいえ人間は感情の動物、時として安らぎも欲しくなるものです。
う~ん、ではどうすればいいのか。英語も勉強したいし、一服の清涼
剤も欲しいし。

そこで私、Frank が一肌脱いで探してきました。
英語の勉強と楽しみを両立できるものを^^)♪

それは、ハリウッド映画や人気海外ドラマなどのプレミアムコンテンツ
を、テレビやパソコンのほか、スマートフォンやタブレットなどのモバ
イルデバイスで、いつでもどこでも視聴できるというもの。

今なら「2週間無料」視聴実施中(終了済みの場合はご容赦ねがいます)。
更に様々なマスプログラムまで。

英語の学習のみならず、通勤・通学途上や出張中の息抜きにもなる視聴
プログラムです。これで外出も苦になりませんよね。

▶ 映画・ドラマの視聴

Hulu

とは言え、息抜きばかりしていても学習が進まないので、今日は英訳の
練習をしましょう。「鎖国」を「英語」に訳す英訳問題です。

▶《全国通訳案内士国家試験》「鎖国」を「英語」で
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
次の「鎖国」に関する説明文を英語に訳しなさい。

「鎖国とは江戸時代に取られた対外孤立政策でした。キリスト教の追放と
徳川家による軍事政府である。江戸幕府が対外貿易を独占することを目的
としていました。これによって日本の近代化が遅れることになりましたが、
日本固有の文化の繁栄をもたらすことにもなりました」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「Frankの一発逆転!崖っプチ通訳案内士講座」(こちら

「鎖国政策」は、national isolation policyと訳せますし、「キリスト教」
はChristianity、「対外貿易」はforeign trade。では模範訳と解説です。

▶《全国通訳案内士国家試験》「鎖国」を「英語」で
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
次の「鎖国」に関する説明文を英語に訳しなさい。

「鎖国とは江戸時代に取られた対外孤立政策でした。キリスト教の追放と
徳川家による軍事政府である。江戸幕府が対外貿易を独占することを目的
としていました。これによって日本の近代化が遅れることになりましたが、
日本固有の文化の繁栄をもたらすことにもなりました」

【模範訳】
Sakoku was the national isolation policy of the Edo Period. The aim of
the policy was to expel Christianity from Japan and put foreign trade
under the dominance of the Edo Bakufu, or Tokugawa military
government. Though Japan was late to modernize due to the policy,
it allowed a distinctive Japanese culture to develop.
【解説】
expelは「追い出す、追放する」。最後の文章の「日本固有の文化の・・・」
の訳ですが、単純に助動詞のcouldを使うより、it allowedで始めた方が、
文全体がしまります。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「Frankの一発逆転!崖っプチ通訳案内士講座」(こちら

これで「鎖国」を「英語」で言えるようになりましたね。
では次回の講座をお楽しみに。

只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ