ビジネス英語講座(35)~40日間トレーニングも半端じゃない~


こんにちは、Frankです。


■ 英検人気ブログランキングに参加中^^)!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。
リンク先から応援のクリックをいただけると励みになります:>こちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

タイトルを見るなり、「ちょっと、ちょっと。
数字の遊びは止めてください」と突っ込まれそうですね。


それもそのはず「50日間トレーニング」が謳い文句のこの講座、
40日間トレーニングは半端極まりないですから。


ところがどっこい、Yahoo! Japanで「50日間トレーニング」で検索して
みると、なんと私のブログの記事が上位を占め、「40日間トレーニング」
なるアマゾンの書籍も顔を出してくるのです。


「なんだ、なんだ~。40日間トレーニング!?」。通学生の方ならすぐに気付
いたと思います。ここ数年、私、Frankは、アルクの「経済たまごシリー
ズ/40日間トレーニング」を愛用しているのであります、ハイ^^)!


過去数年、私のビジネスクラスで「グローバル社会で活躍するニッポン人
を目指して」と題した『英語で分かる/はじめての財務諸表40日間トレー
ニング』を使い、最近では[実践英語の達人クラス]で『英語で分かる/
はじめてのlegal issues40日間トレーニング』を、[ビジネス英語レベル1
クラス]で『英語で分かる/景気指標の読み方・覚え方40日間トレーニング』
を使っています。


実は通学生クラスは1年で40日間のレッスンがあり、私のティーチング・
スケジュールにぴったりと当て嵌まっているのです。


[実践英語の達人クラス]においても[ビジネス英語レベル1クラス]に
おいても単に語彙を憶えるだけではなく、生徒さんにはディスカッション
を通して、よりアクティブなアウトプットの練習をしてもらいます。


「頭で理解して終わり」ではない、この「経済たまご40日間トレー
ニングシリーズ」。通学生以外の方でも興味のある方は、是非、お手
にとって学習なさってください。1年後の自分が楽しみになりますよ。


英語で分かるはじめての財務諸表40日間トレーニング
グローバル社会で活躍するニッポン人を目指して

英語で分かるはじめての財務諸表40日間トレーニング―グローバル社会で活躍するニッポン人を目指して (経済たまごシリーズ―会計)

経済たまごシリーズ3 英語で分かる はじめてのLegal Issues

経済たまごシリーズ3 英語で分かる はじめてのLegal Issues (経済たまごシリーズ―法律)

英語で分かる景気指標の読み方・覚え方40日間トレーニング

英語で分かる景気指標の読み方・覚え方40日間トレーニング (経済たまごシリーズ)

ではご紹介程度に、財務諸表40日間トレーニングから専門用語を
5つ出題します。それぞれの語句を英語に訳してください^^)


┏━┓
┃☆┃ビジネス英語講座(35)~40日間トレーニングも半端じゃない~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.「損益計算書」
2.「自己資本比率」
3.「連結貸借対照表」
4.「有利子負債」
5.「繰延資産」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【出典】英語で分かる はじめての財務諸表40日間トレーニング


語句の説明は、省略させていただきます。悪しからずご了承
ください。では正解をお伝えします^^)


1.「損益計算書」income statement = profit and loss statement
2.「自己資本比率」= equity ratio
3.「連結貸借対照表」= consolidated balance sheets
4.「有利子負債」= liabilities with interest
5.「繰延資産」= deferred assets


「語句だけ憶えて役に立つの?」と疑問に思われるかもしれませんが、
意外や意外、憶えた語句がキュー(Cue[きっかけ])になって連鎖
反応で関連語句が頭の中に浮かぶことが多々あります。


単語の丸暗記も捨てたもんじゃないので、一度お試しください。


 :
 :


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では次回の講座をどうぞお楽しみに。


Frank Yoshida


PS

「英字新聞を読んでみたいけど、毎日だと大変そう」

そんな風に思っている方は、是非ジャパンタイムズが発行している
本格派週刊紙『The Japan Times On Sunday』(former The Japan
Times Weekly)を購読してみてください。

50名近い私のブログやメルマガ読者さんが、
既にご購読されています。

あなたの頭に英語脳を――。





>人気ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取!無料メルマガ登録へ