時事英語講座(25)~ジャンル別に語彙は整理できていますか?~

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


「毛布禁止」って、持ち物検査のこと? 続きはPSを。


 :


私の場合、毎年100名以上の生徒さんの名前、正確にはニックネームを憶えなく
てはなりません。英語圏では知り合った相手の名前を憶えることが最低限の礼
儀になっているのはご存知ですよね。


学校では新しいネイティブ講師に会うと必ずNice to meet you, John.という
ように、相手の名前を繰り返すようにしています。そうすることで、相手の名
前を憶える癖をつけるのです。


私はネット講座やスカイプレッスン以外に、日本最大規模の英会話学校の通学
生を対象に、実践ビジネス英語講座や英検1級、通訳案内士国家試験対策講座
を教えています。


最大規模というだけあって、スクールにいるネイティブ講師の数も半端じゃな
い。正直、中々憶えられないのですが、出来るだけ早く憶えられるように、す
ぐに特徴を捉えるように工夫しています。


「彼は○○○出身で」など、私の記憶の引き出しに入れていくのです。


実はこの作業はあなたが語彙を憶えるときにも大切な作業で、新しい単語に遭
遇したら単純に単語の意味だけを憶えるのではなく、ジャンル毎に自分の引き
出しに入れていくことが重要です。


例えば、mechanical pencil(シャープペンシル)ならstationery(文房具)
というように、文房具の引き出しに整理します。その引き出しにはeraser(消
しゴム)やset square(三角定規)も入っていることでしょう。


只単に、「mechanical pencilは“シャープペンシル”」とがむしゃらに憶え
るのではなく、引き出しに入れる前に「このジャンルには、どんな単語があっ
たっけ」と引き出しにしまう前にその都度、同じジャンルの単語やフレーズを
復習します。


そうすることで、長期間に亘って語彙を憶えておくことができます。少しの工
夫で、グーンと語彙力が増します。


ということで今回はあなたの整理具合をチェックしようと思います。


今まで漠然と英字新聞を読んでいたのか、それとも記事ごとに語彙をしっかり
整理をして、頭の引き出しに収納していたのか、問題に解答すればすぐにわか
ると思います。


このジャンル別語彙習得法はアウトプットする会話で効果を発揮するので是非、
取り入れてください。


 :


┏━┓
┃☆┃時事英語講座(25)~ジャンル別に語彙は整理できていますか?~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Choose the odd one out from among the five alternatives.

1.[(A) arson (B) exodus (C) felony (D) misdemeanor (E) penitentiary]
2.[(A) astigmatism (B) gallicism (C) hyperopia (D) myopia (E) presbyopia]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参考】英検1級奪取!:>こちら


 :


私の通学生クラスの生徒さんが見たら、「出た~!」とお馴染みの問題です。
この「(また)出た~!」が大事なんです。繰り返し出題することによって、
否が応でも語彙が頭に定着していきます。


さて1.と2.はどんなジャンルの単語なんでしょうね。
では正解と解説を見てみましょう。


 :


┏━┓
┃☆┃時事英語講座(25)~正解と解説~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Choose the odd one out from among the five alternatives.

1. [(A) arson (B) exodus (C) felony (D) misdemeanor (E) penitentiary]
2. [(A) astigmatism (B) gallicism (C) hyperopia (D) myopia (E) presbyopia]

【正解】1. (B) exodus 2. (B) gallicism
【解説】
1.は犯罪関係です。arsonは「放火」、felonyは「重犯罪」、misdemeanor
「軽犯罪」、penitentiaryは「≪米」州[連邦]刑務所」。従って「集団脱出」
を意味する[(B) exodus]が正解です。
2.は眼に関する語彙です。astigmatismは「乱視」、hyperopiaは「遠視」、
myopiaは「近視」、presbyopiaは「老眼」。従って「フランス気質、フランス
語法」を意味する[(B) gallicism]が正解です。参考までにgallicismの「フ
ランス語法」とは、例えばフランス語のIl va sans dire que~をそのまま英語
に訳した用例です(= It goes without saying that~「~は言うまでもない」)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参考】英検1級奪取!:>こちら


 :


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の実践英語の達人ブログのランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取通信!無料メルマガ登録へ


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
どうぞ素敵な一日をお過ごしください。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


PS1

「毛布禁止」って、実はこれblanket banを直訳したものだったんです。
確かにblanketには「毛布」という意味がありますが、正しい訳は「全面
禁止」です。

blanketには「毛布」以外に形容詞で「包括的な、全体的な」という意味
があります。生徒さんがよく間違える単語です。気を付けてくださいね。

そろそろ寝具の変え時のあなた、Get some寝具 new!

▼ 超寝具店ヌノヤ本店





PS2

五つ星講座に認定されている、私のネット講座。
お陰様で受講者が増えています。

先ずはお試し受講で講座内容をチェックなさってください。

▼ 英検1級奪取!:>こちら

▼ 通訳案内士奪取!:>こちら

今こそ、一生の資格を――。

Sponsored Link