国際人養成講座(51)~Frankに彼女ができた!?~

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


先週、私の生徒さんが挨拶もそこそこに、こう尋ねました。
「(Frank)先生。彼女ができたんですか?」


「え!?」と私が驚いたのもつかの間、「だって先生、その服・・・」
と、新調した私のカッターシャツとスラックスを指差していました。


まあシングルファーザーですから、法的にも道義的にも、女性と付
き合おうが全く問題はないわけですが、服装や身なりで人の印象は
そんなに変わるものなんだと、改めて驚きました。


正直、「実は彼女が・・・」と言いたいですよ。でも読者の皆さん
ならご存知だと思いますが、私のような個性の強い男性を相手に
してくれる女性は、残念ながらどこを探してもいません orz


で、服装を少し決めていた理由ですが、それは私が今まで信念を
持ってやってきたビジネスが、少しずつカタチになってきたから
です。


自分へのご褒美といったところですかね。それでも1万円を切る
ご褒美ですから、皆さんからしたら大したご褒美でもないかも。


幸せはお金をどれだけ持っているかより、どのように人生を考え
るかで決まると思っています。だから、どんな小さなことでも、
1つ1つやり遂げる達成感というか、クリスタライズすることが
とっても楽しく、また幸せに感じられるのです。


これなら人生どれだけ失敗しても、生きていけそうでしょ?


 :


松本清張の短編小説に、山岳ミステリーの先駆けを成した『遭難』
という作品があります。有名な話ですが、この『遭難』の発想の
原点が、「山男には悪人はいない」という通説に対する疑問にあ
ったようです。


彼はエッセイ「『黒い画集』を終えて」で、こう語っています――

「私は登山家にいろいろと訊いた。すると多くの登山家はこう答
えた。“岳人には悪人はいない”と。崇高な言葉である。しかし・・
・」と続き、「格言めいた言葉は公式としては通用するが、個々の
人間の場合には必ずしもそうではあるまい(悪い登山家もいるだろ
う)」と。


公式的な言葉ほど観念的に危険なものはない、と結論づけています。


清張とは例えが違うにせよ、私が今手がけているビジネスも、通
説に対する疑問がスタートになっています。「ビジネスの鉄則はこ
れだ」如きの通説への挑戦といっていいかもしれません。


今でも兄によく言われます。「オマエは馬鹿だ。商社マンを続けて
いれば安定した生活が送れたのに、なんでまたゼロから仕事を始
める」。


確かに兄が言うように、私は「安定を嫌う」バカかもしれません。
でもそれが、私のエネルギーになっています。「安定」は私の辞書
では「後退」なのです。


だから「安定」を好む女性は、私の周りにいないのだと思います。


新調したカッターシャツとスラックス。女性に格好つけるための
ものじゃない。それはビジネスを通して新たに生まれた、自尊心
への衣替えだったりするのかも。


松本清張映画化作品集<3>遭難(双葉文庫)――

松本清張映画化作品集〈3〉遭難 (双葉文庫)


私の姉妹ブログ[実践文学の達人]では、清張の『共犯者』も取り
上げています。よかったらご一読を。


▼ 『共犯者』に関するレビュー:>こちら


 :


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の実践英語の達人ブログのランキングは――


>英検 ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取!無料メルマガ登録へ


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の講座をどうぞお楽しみに。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


PS1

私のコミュニティーでは、適宜、イベントを開催しています。
私と無駄話ができる絶好のチャンスです。

参加にあたっては、性別、出身地、TOEICスコア、ジョーク
のレベル、保有ポートフォリオの内容は、一切問いません。

但し、“自己責任”でお越しください。

詳しい内容は、下記のリンクよりご覧ください。
皆さんの参加を心よりお待ちしています。

▼ Frank|Official Community Site:>こちら


PS2

先週もスマホ対応の[携帯版有料講座|一発逆転!崖っプチ
通訳案内士]にご登録いただきました。ありがとうございます。

試験までの学習のリズム作りに、是非、ご利用ください。
先ずは無料お試し受講で内容をチェック!

▼ 一発逆転!崖っプチ通訳案内士:>こちら


Sponsored Link