学習の心得(9)~「家族」>「仕事」>?~


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


紀元前のこと、哲学の祖と言われるタレスは、「万物の根源は水
である」と言いました。「そんなわけないだろう」と突っ込まな
いでくださいね、あなたのおっしゃる通りです。


哲学用語で「万物の根源」は<アルケー>と言いますが、「そん
なこと“アルケー”!」と当時言ったかどうかは定かではあり
ません(←今後の私の講座で万が一この程度の駄洒落に遭遇し
ても決して怒らないでください)。


只、彼のすごいところは、それまで神話というあやふやなもので
世界を説明していたものを論理的に説明しようとしたところです。


このタレスの「ウォーター!」という雄たけびが後の哲学者に大
きな影響を与え近代哲学へと発展します。物理学と哲学が別のレ
ールが敷かれることに。


実はこのタレスと私には驚くべき共通点がありました。
これがそれを説明する逸話です。


母親がタレスにむりやり妻を娶らせようとしたとき、「“まだ”その
ときではない」と彼は答え、その後、もう一度迫られると、「“もう”
そのときではない」と答えたそうです。


私も商社マン時代、確か20代の半ばだったと思いますが、生前の
母からお見合いを勧められ、同じく「“まだ”そのときではない」と
答え、シングルファーザーになった今、天国の母から夢で再婚を勧
められたものの、「“もう”そのときではない」と私は答えています。


うちは子供が独立したとは言え、家族という“心の糧”があってこ
そ仕事という“生活の糧”を手に入れられる。今この歳になっても
やりたい仕事がいっぱいあり、やりたい勉強も数え切れません。


そんなとき、恋愛や結婚(私の場合は再婚なりますね orz)は私に
とっては二の次にならざるをえません。知的欲求が満たされていく
過程で、まるで水を得た魚のように生き生きとしている自分を感じ
るのです。


英語学習に限らず何でもいいのですが、打ち込める何かを持つこ
とであなたの人生に生きがい(life and passion)が生まれます。
そしてそれに没頭することで、目標がしっかり定まります。


方法論よりも真理を追究するメンタリティーを持ってください。
遠回りしたっていいじゃないですか。そこで苦労したことが肥し
となってあなたに自信を与えます。


今あなたの優先順位が英語学習より恋愛、結婚にあるなら、もう
この講座を読まないでください。英語学習はそんな甘いものでは
ないので。


「“まだ”その時ではない」とご自身に言えたなら、当面、英検1
級に合格するまではお預けです。「ながらスマホ」が危険なよう
に「ながら英語学習」も身に付きません。


あなたが解除しない限り、これからもあなたの元に私の講座が
毎日配信されます。1年365日、配信されている間に、頑張っ
て英語の資格を取得してください。


これからもこの講座で色々と学習アドバイスをさせていただきま
すが、実行するかしないかはあくまでもあなた次第。お忘れない
ように。


タレスが発した「ウォーター!」という雄叫び――英語学習を通
して、彼の感動をシェアしようではありませんか。


Science is what you know; philosophy is what you don’t know.
科学は既に知っていること。哲学は未知のこと。
――Bertrand Russel (British philosopher, 1872-1970)


只今、人気ブログランキングに参加しています。
実践英語の達人ブログの今日のランキングは――


>英検 ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取!無料メルマガ登録へ


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では次回の講座をどうぞお楽しみに。


意識は行動を生み、行動は習慣を生み出す
習慣は人格を作り、人格は人生を決する


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


PS

タレスの面白いエピソードが入った書籍をご紹介します。
ピラミッドの高さを高さを測った方法とは?

▼ ピラミッドで数学しよう―エジプト、ギリシアで図形を学ぶ

ピラミッドで数学しよう―エジプト、ギリシアで図形を学ぶ




Sponsored Link