学習の心得(34)~インタビューで呼吸をつかむ~

こんにちは、Frankです。


今回は「インタビュー」についてお話をします。
interviewの日本語訳は「面接、面会、会談」です。


Thank you for coming to our interview today.と言えば、「本日は当社の
面接にお越しくださいまして、ありがとうございます」。就活中の学生さん
なら、殆どの場合「面接」のことを頭に浮かべるのではないでしょうか。


私の場合は、インタビューと聞くと、「セレブとの対談」。CNNニュース
で嘗てラリー・キング氏が米国の大統領をやりこめた、あの対談です。


――For want of a better term(良い言葉が浮かばないのですが)
――That’s very well put.(それはとてもうまい表現です)


など気の利いた表現がたくさん出てきます。そう、インタビューはUseful
expressionsの宝庫なんです。だらだらと一方通行の話を聴くより、
インタビューを聴いた方が、よっぽど集中力とリスニング力がつきます。


嘗て時事英語のクラスを教えていた頃、小林敏彦氏著の『VOA英語インタ
ビューの聴き方』(CD付き)を使っていました。


少し古いですが、[質問する力]や[討論する力]が身につく素晴らしい教材
です。リピートやシャドーイングで、呼吸をつかんでみてください。


VOA英語インタビューの聴き方(CD付き):>こちら


そう言えば大学時代、他大学とのディスカッションイベントがあると、
前もってイングリッシュジャーナルを隅から隅まで憶え、
チェアマンの大役をこなしたものです。


昔のイングリッシュジャーナルは内容が濃かったです。日本の文部大臣との
教育に関するインタビューや、作家で政治運動家だった小田実氏がインタ
ビューアーのネイティブをやりこめるシーンがあったり・・・。


「オレは日本人だ。もっとゆっくり英語を話せ!」実に過激で好きでした。
最近のイングリッシュジャーナルは一般受けを狙っているのかどうか
分かりませんが、Show Bizだからけで私には今ひとつといった感じです。


とはいえShow Bizが好きな方もいると思うので、参考までにご紹介して
おきます。ご興味のある方は、最新号をお求めください。

CD付 ENGLISH JOURNAL 2014年9月号

一方的なリスニングで学習のモチベーションが下がった方は、
是非、インタビュー学習で奮起してくださいね。


It’s very challenging.(とっても手ごたえがありますよ)


 :
 :


それにしても日本人のネイティブ崇拝は相当なもので、ネイティブが喋る
英語は全て完璧だと思っている人がかなりいます。


只、ネイティブも日本人同様、育った環境や教育レベルも違うので、
ネイティブによって表現方法が異なっていたりして、
正しいと間違いの基準もまちまちだったりします。


ネットを見ても、間違った英語を使っているネイティブもたくさんいます。
変なネイティブコンプレックスを持つ暇があったら、ジャパンタイムズ
オンサンデーや英語の小説なんかを読んで、センスを磨きましょう。


小田実氏じゃないですが、理論でネイティブをやりこめるぐらいの気概を
持ちたいものです。文法もレトリックも完璧な英語を話す人なんて、逆に
機械人間(automaton)みたいで気持ち悪いですから。


 :
 :


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では次回の投稿をお楽しみに。


Frank Yoshida


PS
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Frank Official Community Site (FOX)の会員の方は、
近況の投稿をお待ちしています。

コミュニケーションの基本はアウトプット。
近況欄に###name1###さんのセールスポイントを
どしどしアピールしてください。

新たなビジネスのチャンスが生まれるかも。

コミュニティーサイト(活動):>こちら

コミュニティーへの登録がまだの方は、下記より早速、
登録なさってください。登録は無料です:>こちら

皆さんの投稿をお待ちしています♪


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄