《英語学習》最近めっきり減った「社員旅行」を「英語」で

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

今回は、「社員旅行」についてお話をしましょう。

先ずは次の文章を声に出して読み、憶えちゃってください。
これぐらい英語で言えないとね。

Every year his company sponsors an all-paid company
trip for its employees as a gesture of appreciation.
(毎年、彼の会社は社員を労うために社員旅行を行う)

憶えました? さすが記憶力抜群ですね。
では質問です。「社員旅行は楽しいと思いますか?」

こう質問すると、社員旅行がある会社の方は大概こう答えます。
「土日をつぶされる社員旅行なんていやだ」
「行きたくもない社員旅行に、給料から積立金が天引きされて最悪!」
「休みの日まで上司の顔を見たくない」等々。

最近は行きたくない人が殆どなんですね。夜はお決まりの宴会でパフォーマンス。
半強制的にお局様の愚痴を聞かされるは、煙だらけの部屋で麻雀三昧ときたら、
そりゃあ確かに参加したくなくなります。

社員の「労い」のはずが、「毛嫌い」されてしまっている現状は、
如何なものでしょうか。

私が勤めていた商社でも、毎年1回社員旅行がありました。バスの車内はもちろん、
宿泊先の宴会場でもお決まりのドンチャン騒ぎでした。

大学のクラブの飲み会のときもそうでしたが、お酒を注いで回るのが嫌いな私は、
いつもドカッと座っているだけ。社員旅行でも同じ習性が出てよく叱られました。

「吉田。オマエ、上司に酒を注がなあかんぞ!」先輩や上司を敬う意味でも注いだ
方がいいのは分かっていたのですが、どうも腰が重たかった。

ところが2、3年もそんな態度をとっていると、先輩や上司が私のところに来て、
お酒を注ぐようになりました。

私の行動は決して褒められたものではありませんが、そうかと言って、「ブレない
自分作り」という大義名分を持っていたわけでもありません。

まあ今思い起こせば、上司にとって私はイヤな社員だったでしょうね。
「当時は偉そうで、すみませんでした」。今更ながら、謝っておきます。

私にとって社員旅行は、上司のふざけた側面や社内の力関係を知る、いい社会勉強
でした。次期社長は誰になるのか、部長は降格か・・・そのあたりの人間観察は実
に楽しかったです。

年1回ぐらい、お馬鹿になってもいいじゃないですか。会社でヘッドウィンド(向
かい風)に苦労している人は、新しい上司の弱点を発見し、テイルウィンド(追い
風)に変える良いチャンスになるかもしれません。

詠み人知らずの名言です。
Catch trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.
(貿易風を帆にとらえよ。探検せよ。夢を見よ。発見せよ)

物事に逆らうのも人生、受け容れるのも人生。
人生にクリアなナビゲーションなんてありません。

とは言え社員旅行はやはり苦手。「会社の付き合いばかりじゃ人生楽しくない」
そんなあなたのために、私がいつも使っている楽天トラベルをご紹介しておきま
す。

たまった楽天ポイントで旅行に行ったりできるので、とってもお得です。私のバ
イクツーリングの宿泊費はいつも楽天ポイントでまかなっています。

家族や気の合った友達と行く国内や海外旅行。
そろそろご自分へのご褒美に如何でしょう。

楽天カード、楽天トラベルと楽天尽くしの
Frank Yoshidaからのご案内でした^^)♪

楽天カード
楽天トラベル

只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ