仮言命令から定言命令へ

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

今日のテーマは、何となく難しそうですね。でも大丈夫です。
本質は、「あなたは自由人ですか?」を問うています。

「英語学習の心得」と「自由」。さていったいどんな関係が――。

世の中、「自由になりたい」と訴える人が多いですよね。食べたいときに食べ、
寝たいときに寝る。遊びたいときに遊び、好きなときに旅行に行く。会社に縛
られたくない、と。

でもこれって、よくよく考えてみると、「もしAならばBをする」という因果
律に従い、条件つきで生きている動物と何ら変わらない。とても理性的な生き
方とは言えないわけです。「仮言命令」(心の命令)に左右されてしまってい
るということです。

一方、「もし**ならば――」という因果律ではなく、無条件に「**する」と
なれば、原因と結果に左右されない「定言命令」(無条件の命令)、即ち下心
のない「道徳的命令」で生きているということになります。

ここに自由が存在するのです。

分かりやすく言うと、「もっと遊びたいけど我慢せよ」という命令に従うこと
が、自分をコントロールしているという自由なのです。

「今晩は寝る前に明日の英語の予習をする」と決めて実際にやれば自分を自由
にコントロールしていることになりますが、「あ~あ、眠たいから寝よう」と
睡魔に負けてしまえば、自由がなかったことになります。

サラリーマンの場合「仕事」vs.「自由」という構図で考えがちですが、実際
は上の例からも分かるように、ダラッとしたい気持ちをコントロールして仕事
に打ち込むのが自由であり、逆に本能任せで遊びたいときに遊ぶのは「真の自
由人」になっていないということです。

私はよく生徒さんにこう言います――
Drive your business; don’t let your business drive you.
仕事を動かすのはあなたで、仕事に動かされてはいけない、と。

仕事を動かしているあなたは自由人で、仕事に動かされているあなたは束縛人。
サラリーマン=束縛人というのは間違いだということをご理解いただけたかの
ではないでしょうか。

1804年2月12日、末期の水がわりに砂糖水で薄めたワインを口にし、Es ist gut.
(エス・イスト・グート[それでよい])という言葉を残して80歳の生涯を終
えたドイツの哲学者、イマヌエル・カント。

彼が自らを律し、生涯規則正しい生活を送り続けたのは、実は「真の自由」を
持ち続けるためだった、と。

「勉強したくなったら勉強する」仮言命令から「無条件で勉強する」定言命令
に従う生き方へ――今後の学習に生かしてもらえれば幸いです。

カントの人間模様を綴った、中島義道氏によるカント本、『カントの人間学』
(講談社現代新書)。週末の教養に――。

カントの人間学(講談社現代新書)――

カントの人間学(講談社現代新書)


▶ PS

英語学習で悩んでいる暇があったら読む。毎日読む。これ以外にありません。
学びとは自分で手に入れるもの。与えられている間は身につきません。

「今日」を読む人は、「未来」を読む。

ニュースで身につく、世界の視点と英語力。
The Japan Times Alpha


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ