英検1級講座(7)~過去問を制覇する~

Share on LinkedIn
Pocket

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


私のクラスには、勉強熱心な生徒さんがたくさんおられます。


中でも長期休暇中にびっくりするほど勉強した生徒さんがおられたので、ここ
でご紹介します。私のビジネスクラスの生徒さんで、「Frankと行く2014年夏
旅!」にも参加した方です。


休暇期間中、私がクラスで出題した過去問を全てダウンロードし復習したそう
です。ダウンロードと復習に4、5日かけ、第1回目のテストから全て復習。


学習を進めていくうちに、出題の傾向と対策が見えてきたようです。集中学習
の効果は大きく、語彙のみならず英語のロジックやものの考え方なども少なか
らずマスターできたとか。


案の定、休暇明けのテストでは、素晴らしい点数を取っていました。


これは英検1級の過去問の学習にも当て嵌まります。過去問は最低5年、
できれば10年分ぐらい遡って徹底的に学習することをお勧めします。


過去問を学習しないで合格した生徒さんを、私は今まで見たことがありません。
私が今日一番言いたいことは、自ら進んで過去問に取り組むという姿勢です。


復習する人としない人の違い。それは学習の先にあるものを明確にしている人
としていない人の差、です。彼の場合なら、過去問の復習をし、ビジネスの実
践で使っていくという大義名分があります。


英検1級なら、合格してから何をしたいのかを見据えること、なんです。だか
ら頑張れる。私の使命は、授業で答えを言うことではありません。生徒さんに
考える癖をつけてもらう。引いては自立心を養うことなのです。


私のメルマガ、私のテストで感じとってください。意図的に自らを鼓舞できる
ようになれば、英検1級合格への道のりは、最短のものとなるはずです。


平凡な95%にいたいのか、それとも突き抜けた5%にいたいのか
――それはあなた次第です。


<英検1級講座|50日間トレーニング>の7日目になる今日は、過去問を2問
出題します。2問正解で「まあまあ」、1問正解で準1レベル、2問とも間違
えたら、今日から死に物狂いで学習してください。


過去問を制する者は、英検を制する。「間違えたら?」いつものように憶える
だけです。では早速チャレンジしましょう。


┏━┓
┃☆┃英検1級講座(7)~過去問を制覇する~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. We have always been impressed by your [(A) consummate (B) corpulent
(C) disparate (D) culpable] skill as a speaker, so we are all looking forward
to your speech.

2. The art critic’s keen [(A) aesthetic (B) cryptic (C) archaic (D) frenetic]
sense makes his columns very enlightening.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参考】英検1級本格講座


 :


短文語句空所補充問題の解答で大事なことは、正解を確認したあと実際声に出
して発音しておくことです。最低2回は読んでください。


声に出すことによって、以前学習したコロケーションやコノテーション(含意)
を耳に残していくことができ、引いては英検1級の2次面接対策にもなります。


こうした練習を繰り返すことによって答えが自然に浮かんでくるようになりま
す。では正解と解説です。


 :


┏━┓
┃☆┃英検1級講座(7)~正解と解説~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. We have always been impressed by your [(A) consummate (B) corpulent
(C) disparate (D) culpable] skill as a speaker, so we are all looking forward
to your speech.

【正解】(A) consummate
【解説】文意は、「私たちはあなたの講演者としての完璧な技量にいつも
感銘を受けてきましたから、今度のお話も一同楽しみにしています」。
consummateは「完璧な」。類義語では英検1級でよく出題されるのが、
impeccableやimmaculateです。これも一緒に憶えておきましょう。
corpulentは「肥満の」、disparateは「不同の」、culpableは「過失の
ある」です。

2. The art critic’s keen [(A) aesthetic (B) cryptic (C) archaic (D) frenetic]
sense makes his columns very enlightening.

【正解】(A) aesthetic
【解説】文意は、「その美術批評家の鋭い美意識のために彼の書くコラムは
非常に啓発的だ」。この文章では「美的な」を表す語ですから[(A) aesthetic]
が正解です。crypticは「神秘的な、秘密の」、archaicは「古風な」、
freneticは「逆上した」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参考】英検1級本格講座


 :


如何でしたか? けっこう難しかったですよね。辛いですが、自分の弱点を知
るのも勉強のうちです。


・・・ところで、もう試した? 英語コミュニケーション能力テストCASEC。


・定期的な英語力のチェックのために
・TOEICスコア、英検級の目安を知っておくために
・TOEIC、英検の受験対策に


今のあなたの実力をしっかりと把握しておくことも勉強のうちです。
お申込みは簡単、40~50分でチェックできますよ。





今日のCASECの結果を踏まえ新たに英語学習に励んでいただきたいと思います。


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の順位は――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取通信!無料メルマガ登録へ
>オンライン英会話講座会員登録


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今日も素敵な1日をお過ごしください。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


PS

先般、私のビジネスクラスの元生でパイロットの方が、私の教室に訪ねてきて
くれました。現在、EVA AIRに勤務、台北にステイしています。

A330の副機長として活躍、多忙な毎日を過ごしているとのこと。「(Frank)
先生、是非、台北にいらしてください」とお誘いをうけました。

皆さんもよかったら利用してあげてくださいね。
私の生徒さんがコックピットにいたらラッキー♪


Sponsored Link


Share on LinkedIn
Pocket