ビジネス英語でコンピテンスィ―を磨く(2)Be easy on one’s wallets


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2340083434515067"
data-ad-slot="7902432533"
data-ad-format="auto">


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


第2回目は、「安い」という表現を取り上げます。


普通、「安い」というとcheapやinexpensiveと言いがちですが、「安いファ
ーストフードレストランに行こう」という日本語の場合、「安い物が食べられ
るファーストフードレストラン」と言いたいのに、cheap restaurantsと言って
しまうと、レストラン自体が安い[安っぽい]と誤解されてしまいますよね。


そこで便利な表現、be easy on one’s walletsを使うのです。


では早速、「安いファーストフードレストランに行こう」を英語で言ってみま
しょう。be easy on one’s walletsを使ってくださいね。


正解は――

Let’s go to fast-food a restaurant that is easy on our wallets.
(安いファーストフードレストランに行こう)


財布に優しい、ってイメージですね。
See you next time! b^^)

【参考図書】
私の実践ビジネス英語クラスで使っているテキストを参考にさせていただき
ました。ビジネス英語の宝庫です。良かったら、どうぞお求めください。




只今、[社長ブログ・ランキング]に参加中です。
実践商売の達人ブログのランキングは――


社長ブログ ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2340083434515067"
data-ad-slot="7902432533"
data-ad-format="auto">