ストレスはストレス?

Share on LinkedIn
Pocket

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


今朝はサッと起きられましたか?


「あっちゃ~今日も仕事だ orz」
なんてネガティブな気分で、お布団から出たんじゃないでしょうね。


仕事やこれからやるべきことから逃げようとするのは、自己管理ができていな
い証拠。ストレスになってしまっているのです。


昔から言われている言葉、A sound mind in a sound body.(健全な身体に
健全な精神が宿る)これ、ご存知ですよね。


私は筋肉モリモリのマッチョマンでもハンク(hunk[セクシーで]強くてたく
ましい、いい男)でもありませんが、節制することでなんとか健康管理ができ
ています。今のところは、ですが。


かれこれ20年ほど前になりますか、米国の有名なスポーツ心理学者のジム・レ
ーヤー(James Loehr)博士が、「良い筋肉と良い精神は4つの点で共通性が
ある」と述べています。


ストレス管理の観点からも大変参考になる内容です。その4つの共通性とは――

1.柔軟性(Flexibility):ユーモアのセンスを失わない精神
2.反応力(Response):前向きに受け止め、機敏に対応する行動力
3.強靭さ(Strength):情熱をもち前向きな行動を起こす力
4.回復力(Resilience):まともにダメージを受けたときの回復力


体と精神を一体として捉え、体を鍛えると同時に、思考から感情、感情から行
動へと誘う精神力も鍛えることが肝要だと。


私は商社時代、直属の専務からこんなこと言われたことがあります。
「倒れるんだったら、会社で倒れろ」と。


「なんて無茶なことを言う上司だ」と、最初は彼の人間性を疑ったものですが、
商社勤務を経ているうちに、いつの間にかその精神が私の心に宿ってしまった
ようです。


腹が痛くても、風邪で熱が出たときも、無理を押して会社に行きました。現在、
非常勤で教えている大手の外国語学校でも、無遅刻・無欠勤を貫いています。


それは自分に甘くすることができない性格になってしまったからだと思います。


とはいえ齢(よわい)を重ねている私。これから先、どこでぶっ倒れるか分か
りませんが、倒れるんだったら仕事中がベストです。


以前、ブログでも言いましたが、「会社で嫌なことがあったらから酒を飲む」
は全然自由な人間の行動ではないです。ストレスに振り回されている不自由人
です。


ストレスは実は原因は他人にあっても、作ってしまっているのは自分です。
――Be in control of stress, not in the control of stress.


ストレスをコントロールするのは自分で、ストレスにコントロールされてはい
けません。敢えて自分で寿命を縮めないでくださいね。


ご興味のある方は、『ビジネスマンのためのメンタル・タフネス』(ジム・レ
ーヤー、ピーター・マクラフリン共著)を紐解いてみてください。

ビジネスマンのためのメンタル・タフネス


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践商売の達人]ブログのランキングは――


>社長ブログ ブログランキングへ
>ビジネスコンピテンシーを高める無料メルマガ



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


Sponsored Link


Share on LinkedIn
Pocket