就活で答える趣味は内容じゃなくて本気度が鍵


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

「履歴書の趣味のところに何て書けばいい」なんてテーマでググって私
のこのサイトにたどり着いたんだったら、最初から面接は受けない方が
いいかもしれません。だって、そんなビビッている人が合格するわけな
いもんね。

面接のための画一的な趣味を書いて何になるのって話です。法律順守の
公務員志望ならそうした画一的な答えが求められているかもしれません
が、臨機応変や柔軟性が求められる民間企業で「趣味の正答」なんてあ
るわけないですよね。

「趣味の知識」が問われるのが公務員で、「趣味の知恵」が求められる
のが民間の社会人と言っていいかもしれません。

民間の場合は、あなたが趣味のことをどれだけ知っているかより、どれ
だけ趣味を楽しんで人生をイキイキと生きているかがポイントになると
思います。

「履歴書の趣味のところに何て書けばいい」なんて正直どうでもよくて、
民間企業の人事でそんなことを根掘り葉掘り訊いてくる輩がいたとした
らまあその企業はその程度と思っておいた方がいいでしょう。

そんな重箱の隅をつつくような質問をされて万が一期待通りの答えをし
て入社できたとしても、そんな新入社員がグローバルの世界でバリバリ
働けるか疑問ですよね。

女々しいことは考えず、堂々と自分の趣味を語りましょう。そんなこと
で落とすような企業って、大したことないと思いますよ。

只今、就職・アルバイトのブログランキングに参加しています。
今日の[実践就活の達人]のランキングは――


就職・アルバイト ブログランキングへ