就活の悩み、エピソードがないと内定をもらえないのか


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

「学生時代に経験したエピソードがないと内定をもらうのは難しいです
か?」。私の英語の生徒さんから、こんな質問をよく訊かれます。あな
たはどう思いますか?

確かにエピソードがあると、面接では盛り上がりそうですね。でもそれ
が絶対条件ではありません。例えば学生時代にバックパッカーでアメリ
カを縦断した経験があるとします。採用担当者は言うでしょう。

「お~それは凄いね。どの町に行ったの?」と。

採用担当者もアメリカに精通していたら、その場は確かに盛り上がりま
す。でもダイナミックなエピソードがあったから、それで結果オーライ
になるのでしょうか。世の中、そんなに甘くはないと思いますよ。

考えてみてください。採用担当者はバックパッカーとしての経験は評価
しますが、では内面的なところはどうかと探りを入れてきます。

例えば物事を続ける精神力はあるか。嫌なことから逃げないか。環境が
変われば自分が変われると単純に考えていないかなど。

英語力に目を向ければ、ネイティブとは日常会話はできるが、現在、英
語の精度を高める努力はしているかが問われます。過去何をしたかも大
事ですが、それ以上に今、どんな努力をしているかが大事なのです。

過去のエピソード、過去の栄光にしがみついている人は、それ以上は伸
びません。これは就活生に限らず、既に会社勤めしている社会人にも言
えることです。

Don’t rest on your laurels.
(栄光にしがみつくな)

だからエピソードがなくても自分を卑下する必要はありません。今して
いることを自慢してください。そう、未来志向で。

只今、就職・アルバイトのブログランキングに参加しています。
今日の[実践就活の達人]のランキングは――


就職・アルバイト ブログランキングへ