『鬼火』(吉屋信子著)を読んで ★★


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


短編集の巻末にある、薀蓄のある書評を引用しながら、感想を述べさせていただきます。


1916年、少女画報に連載された『花物語』が、女学生のバイブルといわれ、人気作家と
なった吉屋信子。少女小説で大作家になったが、自らの作品が文芸評論家から黙殺され、
痛憤を覚えていたとか。


この『鬼火』は、そんな背景を背負って生まれた作品なのでしょうか。


《忠七は瓦斯の集金人になるまで、復員後しばらく伯父の鼻緒の露天商の手伝いをしたり
していた。その伯父の友達の保証でなった今の商売の方が忠七には気に入っていた。》


忠七は、正々堂々と取るべきものは取る、馬鹿にされる商売じゃない、と集金人
としての仕事にプライドを持っていた。


物語は、ガス代を幾月も滞納している家を訪問するところから始まります。その家の勝手
口には、一株の丈の高い紫苑*がすがれて咲いている。薄紫の花が憐れっぽく咲き残って
いるのです。忠七が土間に入ると、細紐一つの女が応対する。


「・・・すみません、主人がながなが病気なもんですから・・・」


忠七は、この瓦斯代が払えぬ人妻に(女)を感じてしまう。やくざな言葉を使い、
抱かせてくれたら「この瓦斯代ぐらいおれが立て替えといてやらあ」と強迫する。


女は「・・・ここでは、いけません、病人が奥で寝ています・・・」と。
忠七は自分の家で女を待ったが一向にやってこない。


そんなこんなで数日が過ぎ、再度、集金に行ったとき、恐ろしい光景を目にする――。


銀行振替で相手の顔が見えなくなった昨今、人間の生き様を目の当りにすることが
少なくなった若者に、ある意味同情してしまいます。


プライドが傲慢に、悲哀が怨念に・・・仕事、女と、色々と考えさせられる作品である。
時代背景を髣髴させる緻密な表現を堪能しました。


※紫苑(しおん)
キク科の多年草で、秋、野菊に似たうす紫色の花をつける。タイトルの鬼火は、
夜、墓地や湿地などで燃える青白い火で燐火、きつね火ともいう。

名短篇、さらにあり (ちくま文庫)



Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


Sponsored Link