就活の面接は あくまでも能動的に


こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

先ずは私の英語の生徒さんの面接で、実際にあった話をお伝えします。

彼女は某国立大学の四回生で学校の成績もよく、就活を始めて間もなくすん
なり某大手企業の最終面接までこぎつけました。ここまではよくある話です。

ところがこの最終面接でのこと。残った数十名の学生は1グループ5人に分
けられ、グループ毎に面接を受けることに。彼女のグループの順番になって
幹部を前に横一列に並び、いよいよ面接が始まります。すると採用担当者が
こう切り出したのです。

「では皆さん、このトピックで話し合ってください」

そう言われた学生たちでしたが、私の生徒さんを含め5人の誰ひとりとして
席を動こうとはしなかったそうです。横一列に座ったまま・・・結論はわか
りますよね。

そのグループの5人全員が「不合格」になったのは言うまでもありません。
「どうして?」と疑問に思った方は、これからの面接に注意した方がいいで
すよ。

私はすぐに納得しました。そんな形式ばって動こうとしない人間に、将来、
大事な仕事を任せられるかって話です。では話し合ってくださいと言われて
動けないようでは、全く持って主体性に欠けますよね。

私だったらすぐにイニシアティブをとって、「では話しやすいように円陣を
組みましょう」と提案しますね。それが差別化というものです。

いいですか、皆さん。良い人でいるより、自分を魅せる人になってください。
あなたの就活でのご健闘を、心よりお祈り申し上げます。

只今、就職・アルバイトのブログランキングに参加しています。
今日の[実践就活の達人]のランキングは――


就職・アルバイト ブログランキングへ