コノテーションで速答

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

英検®1級を受験するあなた。学習は進んでいますか? 浮かぬ顔をしていて
も合格しませんよ。、物事はすべてポジティブに考えることで運を引き寄せ
ます。

表題の<コノテーション>ですが、<コロケーション>と間違えないように
してください。たった二文字の違いですが、大きな意味の違いがあります。

<コロケーション>は、a grouping together of things in a certain
order, as of the words in a sentence、即ち「連結語、連語」。

<コノテーション>は、an idea that is implied or suggested、即ち
「言外の意味、含意」です。

今回はこの<コノテーション>で、短文語句空所補充問題を速答する練習を
します。

<コノテーション>(connotation)は言語学的には<デノテーション>
(denotation[明示的は意味;文字通りの意味])の反意語で、わかり
やすく比較すると、こういうことです。

私の英検1級クラスで私が作成した英検1級の模擬試験を受けた後、ある生徒
さんがこう言ったとします――

「Frank先生。こんなに悪い点数ですから、英検1級なんてどだい無理ですね」

「英検1級なんてどだい無理」という発言そのものは<デノテーション>で、
「これだけ頑張っているのに、この点数しか取れない。このままのやり方だと
合格は無理。他にいい方法はないですかね?」と思い悩んでいる心の裡が<コ
ノテーション>です。

もうひとつの例は、夫婦がデパートへ買物に行きました。奥さんがワンピース
を買うから一緒に2階へ行きましょう、とご主人を誘います。するとご主人は
「買いたい本があるから5階の本屋に行くよ」と返事する。

奥さんは透かさず「それなら本屋さんに行っていいわよ」と応答。

最後の奥さんの言葉「(実際に)本屋に行っていい」というのが、<デノテー
ション>で、「(・・・どうせ私に付き合う気ないんでしょ。それなら・・・)
本屋に行っていいわよ」という言外の意味が<コノテーション>になるのです。

何となく意味合いは分かったでしょうか。では早速次の問題で「コノテーション
で速答」を体験していただきましょう。20秒以内に解答してください。


コノテーションで速答
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
I know that you are confronted with great difficulty, but why don’t you
[(A) tie the knot (B) bite the bullet (C) hit the sack (D) pass the buck]?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【参考】オンラインクイズ《Millones!》

<デノテーション>として字面だけで意味をとろうとすると、どれも正解のよ
うに見えてきますが、<コノテーション>を考えることで、言い換えれば深層
にある意味を考えることで、正解が得られます。

<デノテーション>で解釈するとtie the knotが「2本の紐で結び目を作る」、
bite the bulletが「弾丸を噛む」、hit the sackが「寝床を打つ」、pass
the buckが「(ポーカーでディーラーであることを示す)バックを次の人に
パスする」という意味です。

では語源や文化的背景を踏まえた上での<コノテーション>で、正解と解説を
お伝えします。

正解と解説
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
I know that you are confronted with great difficulty, but why don’t you
[(A) tie the knot (B) bite the bullet (C) hit the sack (D) pass the buck]?

【正解】(B) bite the bullet
文意は「君が大きな困難に直面しているのはわかるけど、歯を食い
しばって頑張ってみたら?」。bite the bulletという表現ですが、昔
の開拓時代に、麻酔なしの手術で患者に弾丸をかませて痛みをこらえ
させたことから派生して、「歯を食いしばって頑張る」という意味に。
【解説】
tie the knowは「結婚する」、hit the sackは「床に就く[寝る]」、
pass the buckは「責任転嫁する」という意味になりました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【参考】オンラインクイズ《Millones!》

「コノテーションで速答」するには、語源(etymology)や慣用表現(idiom)
など、頭に叩き込んでおかなければならないことが多いのですが、これも英字
新聞や英字誌を多読することで、感覚を身に付けることができます。

3、4か月英字紙を読み、1回テストを受ける――このインターバルで継続学習
と英語力の診断をすれば、やる気も出てくるので、間違いなく英語力は伸びま
す。

先ず隗より始めよ――。
英検1級の学習では、次の<3本の矢>で折れない自分作りをしてください。

1>[ジャパンタイムズ・アルファ]で英語回路を作る:>こちら
2>[CASEC英語コミュニケーション能力診断テスト]で実力を試す:>こちら
3>[スカイプレッスン]で発話力をつける:>こちら

これらの3つの学習項目ですが、私、Frankが3本の要と題して、「フランク
アジッツ」(Franquisites)、即ち「Frank+Prerequisites」と名付けるこ
とにします。

皆さんもこの「フランクアジッツ」で、英検®1級合格の栄冠を勝ち取りましょ
う。あなたならやれます!

只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ