通訳案内士講座(19)~高度な英単語~

こんにちは、Frankです。


突然ですが、「外連味」という言葉を知っていますか? 読みは「けれんみ」
です。映画やその他芸術作品などでよく使われる言葉で、「この作品には
外連味がある」と言ったりします。


元は「ごまかし」や「はったり」を意味しますが、アーティスティックな
分野では「凄み」や「醍醐味」の意味に。


どうしてこの「外連味」という言葉を取り上げたかというと、この世の中
理屈や正確性だけで物事を発信しても、読者や視聴者の琴線に触れない、
即ち心に響かない、なんてことがあるからです。


理屈っぽく語ることが悪いと言っているのではなく、状況によっては整合性
のない、わけの分からない凄さが「説得力」を生み出したりします。


理詰めで上司や先輩に説き伏せようとしても煙たがられるが、「なんだそりゃ!?」
と突飛押しもない提案が、意外や意外「凄み」や「醍醐味」を生み、「説得力」
に繋がったりするものです。


元プロ野球監督の野村克也さんの言葉に「直球は慎重に、変化球は大胆に」
という名言があります。外連味とは、まさしくこの“中途半端でない大胆な
変化球”のことではないでしょうか。


私の講座を読んで時として「何だ、こりゃ!?」と驚くこともあるかと思い
ますが、これも「外連味への挑戦」だと思って、温かく捉えてもらえれば
嬉しいです。カリスマ性も、実はそういうところにあるような気がします。


今回で<通訳案内士講座|50日間トレーニング>は19日目を迎えます。
今日は英検1級レベルの受験者が多い通訳案内士試験に相応しい、
高レベルの語彙力を問う<英語問題>にチャレンジしましょう。


5問中3問以上の正解で合格レベルです。コロケーションにも要注意です。


┏━┓
┃☆┃通訳案内士講座(19)~高度な英単語~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各々の単語を適切な箇所に埋めなさい。

[(A) conundrum (B) doldrums (C) mire (D) ordeal (E) predicament]
1. If everyone had followed the rules, we would not be in this ( ).
2. Children will not longer have to go through the ( ) of giving evidence
in court.
3. After years in the ( ), the market is finally picking up.
4. I don’t understand why she is dragging his name through the ( ).
5. ( ) is a question asked as a trick that is answered by using words
in a surprising way.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参考】通訳案内士奪取!:>こちら


 :
 :


よく似た意味の単語が並んでいるので難しいですが、空欄の前の前置詞や
含意(connotation)を考えれば難問ではありません。では正解と解説です。


 :
 :


┏━┓
┃☆┃通訳案内士講座(19)~正解と解説~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各々の単語を適切な箇所に埋めなさい。

[(A) conundrum (B) doldrums (C) mire (D) ordeal (E) predicament]
1. If everyone had followed the rules, we would not be in this (E).
2. Children will not longer have to go through the (D) of giving evidence
in court.
3. After years in the (B), the market is finally picking up.
4. I don’t understand why she is dragging his name through the (C).
5. (A) is a question asked as a trick that is answered by using words
in a surprising way.

【正解】※問題文の括弧の中を参照。
【解説】
1.「その時、皆が規則に従っていれば」と条件節では仮定法過去完了ですが、
 帰結節で「現在の事実の反対」を表す「過去形助動詞+原形不定詞」になり、
 「今ごろ、こんな苦境にいることもないだろう」と後悔の念を表しています。
 be in this predicamentで「このような苦境にいる」。
2. go through the ordealで「厳しい試練を経験する」。
3. in the doldrumsで「不況で、沈滞状態で」。
4. drag one’s name through the mire = to say or write things
 that will harm someone’s reputation。drag someone through
 the mireで「(人)の顔に泥を塗る、(人)の名を汚す」です。
5. conundrumは「なぞなぞ、難しい問題」。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参考】通訳案内士奪取!:>こちら


 :
 :


■ まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「あっちゃ~、基本文法が分かっていない (T_T)」と思ったら、
早速、文法の復習をしておきましょう。上記の1.の説明は、
『ロイヤル英文法』のP552に書いてあります^^)♪

▼ ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解

▼ 電子辞典版はこちら――

徹底例解 ロイヤル英文法 改訂新版

そうは言っても、「自分独りでは、英文法を復習する自信がない」
という人は、私のブログやメルマガ読者さんに好評の、
この英文法講座をお勧めしています。


1年でTOEIC900の秘訣! 分かる! 解ける! 英文法!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なんと音声付きで、メールを通して質問ができます。

通信簿が2で、英語が大嫌いだったのに、
半年で通信簿45→72、1年でTOEIC900を達成。

英語苦手克服のカギは英文法にあり!

英語苦手、英文法苦手を克服した経験を基に、
英文法を、初心者でも分かるように教えてくれます!

既に二桁台の私のブログやメルマガ読者さんが受講して
いるこの講座。是非、苦手意識を克服してください。

>1年でTOEIC900の秘訣!分かる!解ける!英文法!


 :
 :


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では次回の講座をどうぞお楽しみに。


Frank Yoshida


PS1
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私のスカイプ生も受験しているCASECの英語診断テスト。
約40分でTOEICや英検のレベルがわかります。

一番大切なのは、今の英語力をきっちり把握することです。
自宅で受験できるCASEC、是非、チャレンジしてください。

>CASEC英語コミュニケーション能力判定テスト


PS2
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私の姉妹ブログ<実践文学の達人>に新たな世界が――。

▼ せやっ短歌:>こちら


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄