国際人養成講座(44)~ネイティブも説明しにくいwhetherとifの使い分け~

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。


先日、休憩時間にコーヒーを買っていたところ、傍で日本人の
生徒とお喋りをしていたネイティブ講師から突然、「Frank、
悪いけど私の代わりに説明してくれないか」と頼まれました。


生徒さんが尋ねたその質問の内容とは、「whetherとifの使い
方が分からない」というものでした。


ネイティブにしたら、whetherやifを自然に使っているので、
どの場合にwhetherを使うのかと敢えて訊かれると答えられ
ないとの事でした。


仕方なく日本人である私が、ネイティブ講師の前で生徒さんに
使い方を説明することに。


場をリラックスさせるため、最初に「weather(天気)を話題
にしているときにwhetherを使うとややこしいでしょ?」と
冗談めかして説明を始めました。


私の説明のベースになったのは、MACMILLAN English Dictio-
naryです――

1:
Both whether and if can be used to introduce indirect questions of
the type that expect a “yes/no” answer.
Ex) She asked if/whether I liked jazz.

2:
Use whether, but not if, before an infinitive.
Ex) I don’t decide whether to marry him.

3:
Use whether, but not if, after a preposition.
Ex) There are doubts about whether the system is safe.

4:
Use whether, but not if, immediately before “or not.”
Ex) The question is whether or not the government has the
right to interfere.


MACMILLAN English Dictionaryは、リーダーズ英和辞典、
ジーニアス英和辞典と共に私が愛用している辞書です。英語
の中上級学習者や英語の講師には超オススメです。


その理由は、イメージが湧く、分かりやすい説明をしている
からです。例えば、「名声、栄誉」を意味するkudosも、
こんな簡単に説明しています――

○ kudos
= the praise and respect that you get from other
people because of something you have achieved


以前、私の講座でもお話しましたが、「英英辞典は意味が分かっ
ている単語を調べるために使うこと」と。


難しい単語を英英辞典で調べたりしたら定義にまた難しい単語が
使われていて、堂々巡りで何がいいたいのか、さっぱり分からな
かった、なんてことにもなりかねないからです。


只、中上級者の方は、上のkudosにもある通り、難しい単語の意
味を調べる場合にも、どんどんチャレンジしてもらいたいと思っ
ています。


英語学習の基本は、「理解語彙(Passive vocabulary)を表現語彙
(Active vocabulary)に発展させること」です。


whetherとifの使い分けも、単に頭で理解しているだけでなく、
MACMILLANの英英辞典の定義を音読し、英語で説明できるよ
うにしておきましょう。


マクミランの上級学習者用の英英辞典は、語彙数を求める辞書で
はなく、パラフレーズの練習をする、表現語彙を増やす辞書です。
前述したように、中上級の英語学習者や英語講師にも役立つ重宝
な辞書です。是非、ご活用ください。


マクミラン英英辞典 第2版 2色刷――

マクミラン英英辞典 第2版 2色刷


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の実践英語の達人ブログのランキングは――


>英検 ブログランキングへ
>英語資格五冠奪取!無料メルマガ登録へ


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の講座をどうぞお楽しみに。


Frank Yoshida
Power Blogger for
Cosmopolitan Development


PS

男性の皆さん、男磨きをしていますか?

男磨きというと、運動やエチケットを思い浮かべる方が多いと
思いますが、私の場合、コンサルティングの経験が長かった
レザービジネスのことを頭に浮かべます。

それはなぜかというと、レザーの上質感が、男を引き立たせて
くれるからです。

お蔭様でイタリアなどの上質な高級素材を日本の匠が仕上げる
ココマイスターを紹介させていただけることになり、何はとも
あれ読者の皆さんにご報告をと末筆ながら書かせていただいた
次第です。

できる男を演出するココマイスター・・・これは、手にとって
いただきたい、上質レザーの逸品です。

ココマイスター――




Sponsored Link