英語で円周率が憶えられるニーモニックとは

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

以前、ツイッターでも呟いた話題。それは私、Frank Yoshidaが朝から偉業
を成し遂げた、という話です。

実は朝シャワーを浴びたあと、100金のダイソーで買った裁縫セットを徐に
本箱の隅から取り出し、糸と針を使ってズボンのほころびを直した、という
「偉業」です。

「ないや、それ。大したことないやん!」と、あなたが関西にお住まいなら、
そうかなり厳しく突っ込まれると思いますが、私にとってそれはまるで運悪
く喋りまくっている大阪のオバちゃんと電車に同乗し、15分間耐えなければ
ならない、そんな厳しい忍耐力のいるものでした。

「辛抱する、耐える」と言う意味の persevere。語源はフランス語の[perseverer]
(per-「ずっと」+severe「厳しい」)、to continue steadfastly「厳しく続ける」
ということのようです。

この歳になって、このような試練はけっこうきついです。「側に女性がいて
くれたら、いとも簡単にほころびを直してくれるだろうに」とシングルファ
ーザーの身の上を嘆いたものです。ああ、ズボンのほころびと人生のほころ
び orz

いや、ここで気を取り直して、ひとつ英文を紹介しましょう。

How I want a drink, alcoholic of course, after the heavy chapters
[lectures] involving quantum mechanics.

日本語の意味は、「いかに飲み物がほしいことか、もちろんアルコールだ。
量子力学に関わるヘビーな数章[講義]のあとには」。

なんのためにこの文章を引っ張り出したのか、お分かりでしょうか。
「(・・・まさか、Frankもついに気が狂ったか?・・・)」

いえ、いえ、実はこれ、円周率(circumference ratio)π(パイ)、即ち、
円周(C)を直径(D)で割った値だったのです。

各単語の字数によって数字を憶える憶え方です。従って How なら3文字、
I は1文字です。上の文章を数字にすると、314159265358979 ということ
になります。

円周率の場合は、たまたま少数第32位まで0が出現しないので、それまでは
この方法で色んな文章が編み出されています。

日本の明治の頃の学生の間では「産(3)医(1)師(4)異(1)国(59)
に(2)向(6)こ(5)う・・・」という憶え方が一般的だったようです。

何事もモノにするには、persevere(厳しく続けること)が大事。
他人には厳しく自分には甘い Frank からのひと言でした (^^)>

この類の記憶を助けるものを、実は「ニーモニック(mnemonic)」と言います。
Macmillan Dictionary の定義では、a sentence or short poem that you use for
helping you to remember something とあります。

興味のある方は、下記の書籍がおもしろいですよ――

英語のニーモニック―円周率から歴史年号・イギリス王室まで覚え歌大集合

英語のニーモニック―円周率から歴史年号・イギリス王室まで 覚え歌大集合

ニーモニックをつくる創造力も、英語力向上の鍵になりそうです。

只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ