文法力はありますか?

こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。

今回は先ず、[所有格の関係代名詞]について少し勉強しましょう。
簡単な整序問題。英検3級から2級レベルといったところです。

【問題】括弧の中の語句を正しい順番に並べてください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
George Washington is (whose/on/is/picture/the president/the one-dollar bill).

すぐにわからなかったら、ヒントとして次の直訳調の日本語訳を見てください。
「ジョージ・ワシントンはその肖像が1ドル紙幣に印刷されている大統領です」。

解法としては、先行詞(antecedent)を説明する形容詞節を「その人の肖像が
1ドル紙幣の(表面)にある(→1ドル紙幣に印刷されている)」とします。
whose pictureが形容詞節の主語で、動詞はisになります。

もう分かりましたよね。では正解をお伝えします。
George Washington is the president whose picture is on the one-dollar bill.

如何でした? 正解は得られましたか? では次は誤文訂正問題です。

【問題】次の誤りを訂正してください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Don’t use words whose meanings you are not sure.

ちょっと考えてみてください・・・。
分かりましたか? 中上級者には簡単でしたね。

wordsが先行詞で、whose meanings you are not sure
(それらの意味をあなたは確信していない)が形容詞節です。

whose meaningsは形容詞節の「目的語」なので、
後ろには「目的語の欠落する不完全な文」が必要です。

you are not sure ofとすれば目的語が欠落する不完全な文になります。
従って正解は、[sure]を[sure of]にする、でした。

「あちゃ~、2問とも間違っちゃった!」(orz + orz)という方は、
正直に言うと基礎がまだできていないようです。

アルファベットのA, B, Cからやり直さなくてもいいですが、
少なくとも基礎英文法を復習する必要がありそうです。

今後、英語を使った仕事に就きたい、英語でメシを食っていきたいと
考えているなら、今のうちに基礎文法を叩き込んでおきましょう。

そこでお勧めなのが、私の講座の読者さんのうち二桁以上の方々が
受講している英文法講座です。音声付きで、メールサポートもある
ので安心です。

1年でTOEIC900の秘訣! 分かる! 解ける! 英文法!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・音声付き、メールで質問ができます

英語苦手克服のカギは英文法にあります。

英語苦手、英文法苦手を克服した経験を基に、
英文法を、初心者でも分かるように教えてくれます。

鈴木先生のこの講座で、今のうちにきっちりと基礎英文法をマスター
しておきましょう。

中学時代の通信簿2でも1年でTOEIC®900!


只今、人気ブログランキングに参加しています。
今日の[実践英語の達人]のランキングは――


オンライン英会話スクール ブログランキングへ