2015年度>通学生課題(L06)
通学生課題
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 以下は通学生用の課題です。十分予習した上で、授業に臨んでください。 毎回のテストでは、課題から70%、残りの30%は実力です。 ビジネス英語レベル1  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2015年度>通学生課題(L05)
通学生課題
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 以下は通学生用の課題です。十分予習した上で、授業に臨んでください。 毎回のテストでは、課題から70%、残りの30%は実力です。 ビジネス英語レベル1  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2015年度>通学生課題(L04)
通学生課題
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 以下は通学生用の課題です。十分予習した上で、授業に臨んでください。 毎回のテストでは、課題から70%、残りの30%は実力です。 ビジネス英語レベル1  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2015年度>通学生課題(L03)
通学生課題
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 以下は通学生用の課題です。十分予習した上で、授業に臨んでください。 毎回のテストでは、課題から70%、残りの30%は実力です。 ビジネス英語レベル1  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2015年度>通学生課題(L02)
通学生課題
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 以下は通学生用の課題です。十分予習した上で、授業に臨んでください。 毎回のテストでは、課題から70%、残りの30%は実力です。 ビジネス英語レベル1  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2015年度>お薦め教材
お薦め教材
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 英語学習で切っても切れないのが学習教材です。私の学習経験からお薦めする 教材を列挙しますので参考になさってください。但し、これらの参考書を学習 したからといって、英語の資格取得や合格を保証す
お薦め教材
お薦め教材
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 英語学習で切っても切れないのが学習教材です。私の学習経験からお薦めする 教材を列挙しますので参考になさってください。但し、これらの参考書を学習 したからといって、英語の資格取得や合格を保証す
国際人養成講座(27)~英語の実力を試したい方だけお読みください~
国際人養成
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 今日は読者の皆さんに「渇!」を入れるため、最初に単語の問題を 出題します。次の定義が意味する単語は何か想像してみてください。 全く単語が浮かばなかったら、この記事の最後に正解を書いている の
国際人養成講座(18)~ビジネスに興味のある人だけ読んで下さい~
国際人養成
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 私は常日頃、「ビジネスほど強力な組織はない」と思っています。 それは単に政治や経済と言う視点からではなく、世界を動かして いる潮流と言う意味で、です。 クリエイティブであり、且つ、個人プレイ
実践ビジネス英語講座(2)~勉強法~
ビジネス英語
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 <ビジネス英語講座|50日間トレーニング>が始まって、今回で2回目に なります。前回、推薦図書をご紹介しましたが、まだ購入していない方は、 お早めにお求めください。 お持ちのTOEICスコア
英検1級講座(50)~<直前対策>心構え~
英検1級講座
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 <英検1級講座|50日間トレーニング>の最終日第50日目の今回は、 「心構え」についてお話します。私が英検1級に合格したときのスタンス についてです。 もちろん全ての人に当て嵌まるかどうかは
国際人養成講座(7)~外国人から見た日本~
国際人養成
こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 今日は日本在住の外国人による外国人のためのガイドブックをご紹介します。 独特の視点で描かれた日本。これは日本人にとっても興味深いもの。 日本独特の「本音と建前」は、どのように捉えられているの
ビジネス英語講座(41)~<特訓6>2013年の新語・流行語を英語で言えますか?~
ビジネス英語
こんにちは、Frankです。 ■ 英検人気ブログランキングに参加中^^)!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。 リンク先から応援のクリックをいただけると